すぐに入居者が見つかるようにあらかじめ空室対策をする

満室化で安定経営

アパート

超低金利状態が続いているため、銀行預金以外の方法で資産運用を行う人が増えています。リスクの少ない資産運用方法として人気を集めているのが、賃貸マンション経営です。ただし、賃貸マンション経営を成功させるには、万全の空室対策を講じる必要があります。

読んでみよう

空室を埋める方法

女性

空室対策には様々なものがありますが、安易に家賃の引き下げを行うことは収支計画を悪化させることになりますので好ましくありません。空室対策を行う場合には、まずは人気設備の設置など追加の投資を考えることが重要になります。

読んでみよう

アパート経営で成功の秘訣

グラフ

空室が出た時の対策が重要

不動産投資はリスクが小さくて安定した収入が得られるので人気があります。特に人気なのがアパート経営です。その理由は初期投資額を抑えることができるからです。初期投資額というのはアパートの建設資金や、中古アパートを購入する資金です。マンション経営だと初期投資額が大きくなり、ローンの返済が大変になります。アパート経営では多くても10戸程度なので管理がしやすいというメリットもあります。ただしマンションに比べて空室が出た時のリスクが大きくなります。戸数が少ないので影響が大きいのです。すぐに入居者が見つかるようにあらかじめ空室対策をしておく必要があります。一番初めにやっておく空室対策はポータルサイトへの情報掲載です。

他の部屋との差別化が必要

今はインターネットで空室を探す時代ですから、ポータルサイトへの掲載は必須です。掲載しただけの待ちの姿勢では入居者を集めることはできないので、部屋の特徴を前面に押し出す工夫が必要です。例えば初めの1ヶ月分の家賃をゼロにするなどです。引っ越しで転居する場合、月の半ばで入居することが多いです。そのような時は日割りで家賃を計算しますが、思い切って最初の1ヶ月分を無料にすれば計算の手間が省けます。しかも無料ということで入居者にもメリットがあります。また礼金をゼロにするなどの工夫をすれば、他の物件と差別化できます。築年数が古いアパートの場合は、思い切ってリフォームするという空室対策もあります。築年数が古いとそれだけで入居率が下がります。最近人気の間取りにリフォームすれば、入居者を集めることができます。この他に、家賃保証の管理会社に委託するという空室対策もあります。これは空室が出ても家賃を管理会社が保証してくれるシステムです。

安定した収入が得られる収益物件は、空室対策や修繕をしながら運用していくものです。しかし、収益物件の維持というのはオーナーにとっては悩みの種になる場合があり、中には売却を考えている人もいるでしょう。そこで、収益物件の買取に特化している不動産会社をしっかり選んで、物件維持に関する悩みを解決しましょう。まず、収益物件の買取で大切なのは不動産会社に関する情報収集を徹底的に行なうことです。そこで、最初に不動産会社のウェブサイトを確認して、これまでの売買実績を確認してみましょう。この時、物件の数はもちろん、売買した物件の価格帯といった情報が掲載されているかも確かめると良いです。また、不動産投資に関する情報を豊富に掲載している不動産会社であれば、一般的な物件とは違う収益物件の価値を正しく判断してくれるでしょう。

収益物件の買取では、売却した後のフォロー体制も重要です。買取を依頼する物件に住民がいる場合、無責任に不動産会社にすべての後処理を任せるのは良くないですし、場合によってはトラブルに巻き込まれる恐れもあります。そのため、収益物件を売るなら、賃貸契約を解除して、全室空室の状態にするのか、住民がいる状態で売りに出すのかを慎重に考える必要があります。このように、収益物件の買取を依頼する不動産会社を選ぶ際は念入りな情報収集が重要なのですが、ランキングサイトを見て利用者からの評判や各会社の特徴を確認するとより詳しい情報が得られます。

空室リスクへの対応

家

マンション経営を行う場合に注意しなければならないのは、空室対策です。空室対策には様々な方法があり、設備投資の充実を図ることも一つです。条件の緩和という手段もありますが、後々まで影響しますので慎重にしなければなりません。

読んでみよう