すぐに入居者が見つかるようにあらかじめ空室対策をする

空室を埋める方法

女性

家賃の引き下げはしない

マンション経営において空室対策を考えた場合、追加投資で物件の質を上げること、十分な物件のピーアールをすることが考えられます。そして、最終手段として考えられるのが家賃の引き下げです。空室を解消するためには様々な方法が考えられますが、家賃の引き下げに関しては、収益の減少をもたらしますので、できるだけ避けることが大切です。収支計画を立てる際に、空室対策も織り込んだ上で立てることが一般的ですが、家賃の引き下げまでを視野に入れて計画を立てていることはあまりありません。家賃の引き下げは、場合によっては全体的な収益の悪化を招きますので、基本的には認めることができないというのが一般的です。まさに例外的な措置なのです。

設備投資を行う

そのため、まず最初に考えられる空室対策は、追加投資になります。人気のない物件は、古くなっていたり人気の設備が設置されていないなど、物件の状況に問題がある場合がほとんどです。投資することによって収支計画は悪化することになりますが、それでも空室が継続するよりは収益の確保につながります。空室対策が重要なのは、空室をできるだけ早期に解消する点にあります。一般的に、空室を放置しておくと、その期間が長くなればなるほど空室解消が困難になると言われています。そのため、できるだけ早期に空室対策を行うことが重要になるのです。収支計画に悪影響を及ぼすとしても、何らかの投資を行っていくことが物件の人気向上につながり、最終的には収支計画の改善になります。