すぐに入居者が見つかるようにあらかじめ空室対策をする

空室リスクへの対応

家

空室を埋める方法

マンション経営を行う場合に重要になるのが空室対策ですが、空室を埋めるために最も効果的な方法が、人気設備の設置です。空室が生じた場合に、そのまま放置しておくと、空室期間が長くなればなるほど空室の解消が困難になっていきます。そのため、できるだけ早期に追加の投資を行って設備を充実させることが重要になります。その際には、不動産会社等のアドバイスを受けて、ニーズの高い設備を設置することが大切になります。どんなに立派な設備を設置しても人気のない設備では意味がありません。空室対策を行う以上、早期に収益を改善することが重要になります。例えば、セキュリティ関係の設備や追い焚き機能付きのお風呂など、実際のニーズを踏まえて空室対策を行う必要があります。

条件を緩和する方法

空室対策には、追加の出資を行って設備を充実させる方法と、広告などのピーアールを充実させて物件を宣伝する方法、家賃の引き下げなどの条件緩和で物件の人気を高める方法があります。中でも注意しなければならないのが条件の緩和です。主には家賃の引き下げですが、その他にもペット可のマンションにしたり、保証金の減免を行うなど入居しやすい条件に変更する方法があります。これらの条件緩和は一度行ってしまうと、元に戻すことはほとんどできません。それだけに、最初の対応を間違ってしまうと、ずっと影響を受けることになります。特に家賃の引き下げは収益にも影響を及ぼす内容ですので、実際に収支計画が成り立つのかどうか精査することが必要です。